アルセウス&ディアルガ&パルキア

NO IMAGE

オルタージェネシスのメインカードが今日のブログであり私の待っていたカード

それがこちら。
f:id:coyote0808:20190831173746p:plain

アルセウス&ディアルガ&パルキアです。

このポケモンの何を待っていたかと言うと私が好きな水と鋼タイプのエネルギーを使うポケモンである事と、私の地元北海道が設定のシンオウ地方の伝説のポケモンである事の2つが理由です。

このカードの特徴は何と言ってもGX技!

このオルタージェネシスGXを使うとダメージが30上がって追加でエネルギーをつけておくとサイドを1枚多く取る事ができます。

普通にこのポケモンで戦っても十分強さがありますが、この技を活かした戦い方に合ったポケモンとこの技を素早く使うためのカードを考えていきたいと思います。

まずこの技と相性の良いポケモンです。
基本的には水と鋼タイプは必須になるのでこのタイプを中心に考えたいと思います。

始めに私が組んでみたいなと思ったカードがこれです。

神出鬼没のゲッコウガ
このカードは相手の状況を選ばずダメージを与える事が出来ます。
そのダメージを30底上げ出来るのはかなり相性が良いと思われます。
オルタージェネシスに使ったエネルギーをタッグスイッチで移し変えればそのまま技が使えるのも無駄がなくて良いです。
たねポケモンでもないのでバトルスタート時に出てしまうという事故も回避できて良いと思っています。

同じような理由でケルディオGXも相性が良いのではないかと考えています。
こちらはゲッコウガに比べて技に使う必要エネルギーが多い点では劣っていますが、水弱点の相手に倍のダメージを与える事が出来ます。
あとは特性を活かしてGXポケモンに強気で前に出せる点が強いと思います。

鋼タイプでは非GXのディアルガです。
ときをけずるによりダメージを与えながら進化ポケモンを退化させる事が出来ます。
これが60から90にダメージアップすることで多くの進化前ポケモンを倒せるようになります。

ここで要注意です!
この技はオルタージェネシスの追加効果であるサイドを追加で1枚とる効果を受けることが出来ません。

なぜならオルタージェネシスの追加効果は技の「ダメージ」でバトルポケモンを倒さないとサイドを多くとれないからです。
よって退化させる効果によりダメージがHPを上回ってもサイドを多く取れません。
仮に90ダメージで進化ポケモンを倒せたとしても効果で退化させなければならないので技を使ったポケモンとは別のポケモンになってしまいサイドを多く取る事が出来ません。
なので、ときをけずるを使う場合は進化ポケモンを一撃で倒せない場合にのみ使うようにしましょう。

他の方法で倒せる場合は他の方法で倒した方がサイドを多くとれるのでより良いでしょう。
進化してないたねポケモンに、ときをけずるで気絶させた場合は退化もしないので追加効果でサイドを1枚多く取る事が出来ます。

新規追加のレッド&グリーンの登場で進化ポケモンの活躍も期待されるのでこのカード採用の際は気をつけてください。

続いてオルタージェネシスGXを効率よく、最短で使うために相性の良いカードを考えてみたいと思います。

まずはNの覚悟です。
正直運要素が絡みかつ、ベンチにいるドラゴンタイプにしかつけることができないので確実性は低いですが、エネルギーをつけるための手段として必要枚数は少ないです。

2枚目はアクアパッチ
ベンチの水ポケモンにエネルギーを付けて、その後エネルギーつけかえでアルセウス&ディアルガ&パルキアに付け替えるという動きになります。トラッシュの水エネルギー、ベンチの水ポケモン、エネルギーつけかえと必要枚数と条件があるのが欠点となります。
しかし水タイプを軸に組むデッキであればヌオー等も採用できるため無理なくデッキに入ってくるカードでしょう。

3枚目はレックウザGX
特性のしっぷうどとうでエネルギーを付けてアクアパッチ同様エネルギー付け替えになります。しかしアクアパッチに比べるとレックウザGX、トラッシュの鋼か水エネルギー、エネルギーつけかえと条件が簡単な点にメリットがあります。
また、ポケモンの為デッキから手札に持ってきやすくアクアパッチより安定した運用がしやすいと思われます。

他にもレインボーブラシや溶接工をつかった炎パターン等いろいろあると思います。
今後どのようなパターンが流行るか楽しみです。

Twitterもよろしくお願いします。