シールド戦(感想)

NO IMAGE

f:id:coyote0808:20190711225122j:plain

前回ハーフデッキルールですが、シールド戦をしてみた感想を描きたいと思います。

ご存じの通り今回のリミックスバウトはシールド戦を公式イベントとして想定されている内容になっています。

シールド戦をやってみて良いなと思ったカードや気を付けたいなと感じた事とは、、、

①パックの引き運
やはり運の要素は限りなく高いでしょう。
極論GXやRのカードが全くでなかったり、有用なトレーナーズが引けないと上手く回ってくれませんからね。
しかし高レアリティを引き合う勝負では有りませんので下記に続きます。

②デッキ構築
運が良くても引けた強いカードを入れるだけでデッキにはならず、構築で纏まらなければ自分よりも引きが悪かった相手に負けてしまうでしょう。
なので自分が引いたカード全てを見てバランスや勝ち筋を考えて構築する必要があります。
なのでパックに収録されているカード一枚一枚のメリット、デメリットは理解しておいた方が良いでしょう。
時には引けた高レアリティも外す事が必要と思われます。

③プレイング
最後も当たり前ですが引いたカード、組んだデッキを十分に使えなければ話にはなりません。
このルールでは二色構成になることも少なくないので日頃から使っている単色で完成されたデッキとは違い、エネルギーの配分などを気を付けないと、いざデッキのエースポケモンが出たときにデッキにエネルギーが無かったら目も当てられません。。。

以上の事を踏まえて私がシールド戦で強いと感じるリミックスバウトのカードはこちら。

まずは何と言ってもメインカードの一枚であるこれ
リザードン&テールナー

f:id:coyote0808:20190711224721j:plain

私も実際使ってみたのですがこのカードがシールド戦と実に噛み合って使いやすいと感じました。
技を使用して高ダメージを与えつつ好きなカードを三枚まで持ってこれますが、この追加効果がとても強くシールド戦では必要なカードを十分にデッキに投入することが出来ない為、それらを選んで引いて全ての状況に対応出来るようになるカードです。
多少ムリな構成でもサイド落ちさえしなければ罷り通るようにするパワーを持っています。
引けたら炎タイプの使用が確定と言っても過言ではありません。

続いてもメインカードのこちら。
フシギバナ&ツタージャ

f:id:coyote0808:20190711224736j:plain

先程のリザードン&テールナーが自分のプレイ進行をスムーズに進めるカードであるのに対してこのカードは相手の妨害に優れたカードです。
現環境必須サポートの1つであるグズマを草エネルギー1枚つけるだけの特性で使える訳ですから強さは察しです。
技も必要な草エネルギーが1つ他は無色である点も使いやすいと思いました。
このカードも引けたら草タイプの使用で安定するでしょう。

続いては状況的に刺されば相手を詰ませる事の出来るこのカード
アローラペルシアン

f:id:coyote0808:20190711224746j:plain

このシールド戦という条件でこのカードの存在がタッグチームゴリ押しを許さないようになっています。
タッグチームに目が行きがちですがこのカードが引けたのであれば徹底して相手の嫌な動きをするデッキ構築も良いと思います。
しかしながらこのポケモンは1進化の為に進化するまでの時間やサイド落ちのリスクも上がる為、上記の二枚より安定性は落ちます。

ここからは非GXになります。

フィオネ

f:id:coyote0808:20190711224758j:plain

フシギバナ&ツタージャにもにた特性を持っていますがこちらは入れ換えるポケモンは相手が選択できます。
とは言えベンチに出せばデッキに戻すだけで相手のポケモンを入れ換える事が出来るのは実に強力。
相手のベンチが1枚だとそのポケモンを狙い打ちすることも可能ですし、このカードの採用でデッキ切れを対策することも地味ですが強みとなっています。

ロトム

f:id:coyote0808:20190711224811j:plain

このカードは使ってみるとビックリするくらい使いやすかったです。
ゾロアークの見すぎか技で特性と同じことするの?と思いましたがそこはシールド戦。
思ってた以上にデッキが回らずほしいカードが引けないので技でも2枚引けるというのは凄く有効でした。
カードを引けると言う点では特性であるメブキジカも同様に使いやすいと思いますが、進化ポケモンと言う点でロトムを今回は優先させてもらいました。
また、超エネルギーを採用できる形であれば基本エネルギーを回収出来る点も優秀で、動き出しの重たいGXポケモンをスタンバイしやすくなります。

⑥ナゲツケザル

f:id:coyote0808:20190711224823j:plain

基本的にはロトムと似たような理由になりますが、こちらは闘指定ではありますがカードを引きながらダメージを与える事が出来るので無駄の無い技となっています。
どんなデッキでも入るのはロトム、闘を使うならこちらといった使い分けが出来ます。

ザングース

f:id:coyote0808:20190711224844j:plain

ざんこくなやいばによって相手のダメカン+20のダメージを与える事が出来ます。
一見地味な響きもしますが言い換えると
相手のHPが半分(+20)なら相手を気絶させる。
とも取れます。無色なのでどのデッキにでも 入れれる点も使いやすいです。
タッグチームなんかはHP高いので半分残して余裕のつもりが不意を突いて気絶させる、なんかは理想の動きですね。

アクジキング

f:id:coyote0808:20190711224851j:plain

このカードはレッドバイキングで倒すことによりサイドを1枚多くとることが出来ます。
なのでシールド戦の場合、非GXポケモンを2体倒すだけでゲームに勝ててしまいます。
パックの引き次第ではこのカードを主軸にデッキを構築することも考えられる程の可能性はあると思います。

モンジャラ

f:id:coyote0808:20190711224903j:plain

相手を毒にする技持ちですがシールド戦におけるこの状態異常が思いの外厄介で普段なら入れ換える手段は沢山ありますがシールド戦では最悪エネルギーを使わないと逃げれない場合もあり得ます。
なので速い段階で積極的に毒にできるこのカードがオススメです。

マーシャドー

f:id:coyote0808:20190711224911j:plain

最後は何でもアリのマーシャドーです。
これさえあれば相手のエースの技もコピー出来るので一撃でひっくり返す可能性を秘めています。

今回は以上のカードをおすすめしていますが、もちろんカメックス&ポッチャマを筆頭に他のカードも使いやすいカードが沢山あります。
しかしそれらは専用デッキ構築で真価を発揮すると思っています。
今回はあくまで個人的にシールド戦に向いていると思ったカードを紹介させてもらいました。

Twitterもよろしくお願いします。